キャリア教育1
コマ目
大学
授業
2019/06/13 15:27:172019/07/07 10:55:29

ポイント

『ベンチャー企業の働き方を知る』

これからの時代に各企業がどのような「働き方」「社員のキャリア形成に取り組んでいるのかを講義で聞き、学生は講義中にも気軽につぶやきを書き込みます。
講義の後,グループワークを通して「実際に社会ではたらくこと」について意見交換を行い、理解を深めました。
スクールタクトは学生のスマホでも使用できるため,一斉授業が簡単にインタラクティブな講義となり,ワークショップもスムーズに行うことができます。

詳細

質問や感想をスクールタクトに書き込みながらの参加

 一斉授業スタイルで先進的な会社の事例について講義を聞くだけではなく、スマートフォンやノートPCで先生の話していることへの質問や感想をスクールタクトに書き込みをします。
 先生は、学生からのコメントをリアルタイムで確認しながら講義を行います。

【スクールタクト導入の効果】
 講義に参加している学生の「つぶやき」を書いてもらうことで先生と学生との距離を縮め,学生の積極的な参加を促します。
 先生は,書き込み内容を取り入れた学生の実態に即した講義を行うことで,学生の理解がより深まります。

スクールタクトを使ったグループワーク

 講義を踏まえて4人〜6人でグループで「今まで受けてきた授業とは」「面白い企業の実践」を振り返り、ワークショップとして「来年どんなキャリア教育の授業を受けたいか」の企画を立てます。

【スクールタクト導入の効果】
 PCやスマートフォンなど,学生ぞれぞれの端末を使った作業ができるため,パソコン室を使う必要がありません。
 実際に話をしながらスクールタクト上で作業を行うことで,意見の発信やアイデアの共有が簡単に行えます。

グループ毎にどのような回答があったか閲覧

 ノートPCを持ち込んでいる学生はスクールタクトを使って回答し、端末を持っていない学生は紙のワークシートに記入、スマートフォンで写真を撮り、スクールタクトに回答を行います。
 グループ毎にどのような回答があったか閲覧し合い、コメントやいいねボタンを投票としてカウントし人気の高い回答をピックアップします。

【スクールタクト導入の効果】
 グループ間での回答共有を迅速に行うことで,講義に参加している学生の学習意欲を持続させることができます。
 各グループの回答に対する投票は,簡単な相対評価となり,本時の学習意欲だけでなく,次回の講義における学習意欲も刺激します。

プレゼンテーションを実施

 投票において人気の高かったグループ上位3組がスクールタクトでプレゼンテーションを行います。
 スクールタクトを用いることで,準備や設定などにかかる余計な時間は必要なくなります。

【スクールタクト導入の効果】
 余計な時間を取らないことで,学生の参加意欲を持続できます。
 投票によって人気の高かったグループは,周りからの承認を強く感じることができると同時に,これらのプレゼンテーションは,他の学生にとっての見本となり,次回の講義への参加意欲を刺激します。

コメント

コードタクトさんの「キャリア教育」

『ベンチャー企業の働き方を知…

人気