情報モラル教育2
コマ目
学校共通
Tips
2021/02/01 12:38:302021/02/01 16:50:59

ポイント

単元名:情報モラル教育「著作権について考えよう」
ねらい:ICTを活用するうえで学校内で起こりそうな著作権法違反について考える

▶課題テンプレートを使って行った
https://help.schooltakt.com/ja/articles/1509421
キーワード検索で「情報モラル 著作権」を入力

▶「動く教材」を使って著作権クイズを行った
https://help.schooltakt.com/ja/articles/1548660

詳細

1 著作権法クイズを行う

動画教材などで著作権法について学んだ後、学校で起こりそうな著作権違反の出来事についてクイズを行う。
動く教材を使って出来事を振り分け、自分の考えを可視化する。

[役立つ機能]
●動く教材
●協働学習機能

[スクールタクト導入効果]
動く教材を使うことで、出来事が著作権法に違反しているかしていないかを簡単に分けていくことができる。
また、協働学習機能を使って他の児童生徒の回答を見ることで、自分の考えとの違いに気づくことができる。

2 著作権がない世界の5年後を想像する

著作権法がなかった場合、5年後の世界は「著作者」「受取手」にとってどうなるかを想像してメリット、デメリットを挙げていく。

[役立つ機能]
●協働学習機能

[スクールタクト導入効果]
友達の回答を見ることで、自分にはない視点で著作権のない世界について考えることができる。意見に対してコメントをし合うことで、より自分の考えを深めることができる。

3 学んだことを振り返る

今日の学習を通じて学んだことを振り返りスクールタクトに書いていく。学んだことを生かして、自分以外の人の作品や意見を使用する場合の注意点などについても考える。

[役立つ機能]
●ワードクラウド

[スクールタクト導入効果]
今回の学習を振り返り、ワードクラウド機能を使うことで、クラス全体の意見を集約して可視化することができる。

コメント

コードタクトさんの「情報モラル教育」

単元名:情報モラル教育「コメ…
単元名:情報モラル教育「著作…

人気